愛犬との主従関係をよくするための方法

飼い主とわんこの主従関係はとても重要です。

わんこの名前を呼んでも反応がなく、吠えているときに静かにするよう指示を出しても言うことを聞かない状態は、わんこが主で、飼い主が従となっているからかもしれません。

わんことお散歩するとき、飼い主の右側に連れ添うもしくは飼い主の左側に連れ添うかのいずれかになります。

車の通行量が多い場所では飼い主の右側に連れ添い歩きます。

通行人が多い場所では車と同じで通路の左側を歩きながら飼い主の左側に連れ添い歩きます。

またはその場で「待て」の指示を出して通行人が過ぎ去ってから歩き始めます。

飼い主とわんこの散歩コースに屋外で飼育されているわんこと出会うこともあります。

そのようなときはわんこが不用意に近づかないよう、リードの持ち手を右側から左側へまたは左側から右側へ持ち替えて連れ添う位置を変えます。

飼い主の判断でわんこの連れ添う位置をときどき変更したり、立ち止まったりすることでわんこは「守られている」という感情を持ち始めて飼い主を「強い」存在と感じます。

わんこが吠えているときは、飼い主はわんこの目を見ながら「やってはいけない」ことを伝えます。

わんこがそそうをしたときは叱ったり声をかけたりせずに黙々と後始末をします。

飼い主が後始末をしているときに、わんこは自分の存在をアピールしますが、伝わらないと感じるとおとなしくなりますが、まもなくまた自分をアピールします。

飼い主がわんこに対してメリハリのある指示を出すことによって、「優しい」存在であることを感じていきます。

飼い主がわんこに対してしつけをするときに、わんこのことを理解しているかどうかがはっきりとわかります。

たとえば「お手」「待て」「伏せ」「お座り」などの指示を出すときです。

どの指示も初めはなかなかうまくいきません。

わんこの大好物を手にしながら、1つの指示をこなせたら、ご褒美として差し出します。

1つの指示を最低でも3回繰り返すことで時間をかけずにできるようになりますが、できないこともあります。

わんこが指示通りにできるようになるまで、時には休憩を取りながら、声をかけながら一所懸命指示を出します。

家族全員が同じ指示を出して同じ行動をしてくれたら、飼い主からの意思がわんこに伝わったことを確認できます。

このように飼い主がわんこに対して「粘り強く」接することは飼い主との主従関係を明らかにすることになります。

愛犬が服に噛みつくので困っています

5歳になるフレンチブルドッグを飼っています。

おとなしく人懐こい性格で普段は、手が掛からないいい子ですが時々気に入らないことがあると私や家族の服に噛みついて来てなかなか放してくれず今までに何着も服が破れてしまって困っています。

滅多にないので、どうしていいか分からず服に噛みついた時には愛犬の大好きなおやつで気をそらして対応しています。
子犬の頃には、すぐに噛みついていたので噛みついた時には愛犬をひっくり返して噛みついたらいけないことを教えて、何度も繰り返しているうちに噛みつかなくなりました。

しかし、この時々何かに怒り服に噛みつくのは治らず服から放すためにおやつを与えることで落ち着かせるという方法にたどりつきました。

人間でもストレスが溜まってイライラすることはあるので、愛犬もそうなんだろうと思っています。
出来るだけ愛犬がストレスが溜まらない環境づくりも大事だと考えており散歩をしっかりとさせることは心掛けています。

ワンワンの声掛けで無駄吠えが治った

雑種犬のメス6歳を飼っています。
保護施設から3か月の時に引き取りました。

たれ耳でとてもかわいいのですが、仔犬のころは、家の前に人が来ると無駄吠えをして困っていました。
いつも外を見ている窓からは、おとなりさんの玄関がちょうど見えて、おとなりさんの家の出入りのたびに吠えてしまい、迷惑をかけていると冷や冷やしました。

なんとかやめさせたいと思っていたときに、雑誌「犬の気持ち」に無駄吠え対策が載っていたので、すぐに参考にして、実行してみました。

それは、犬が吠えだしたら、ただ「ワンワン」と声をかけるだけのものでした。

愛犬が吠えだすと、そばに座って、「ワンワン」と言います。

愛犬は、こちらを見てきょとんとしていました。

毎回繰り返しているうちに、気づいたら、家の前に誰が来ても、吠えることはなくなっていました。
1か月程度で、吠えなくなったと思います。

それからは、家の中でも、散歩中でも、まず吠えることはありません。
お散歩中に、ほかの犬にちょっかいを出されたり、吠えられたりしても、絶対に吠えません。

よく、「やさしそうなワンちゃんですね」と言われるのですが、早めに無駄吠え対策をしておいて良かったと思っています。

散歩でリードを引っ張る子の対処法

愛犬はとても大切な存在であり、かけがえののない家族ですよね。
しかし、言葉も通じず人間とは行動も違うのでしつけも大変です。
我が家には3歳の女の子の柴犬がいます。
とても繊細で優しい子です。
柴犬らしく、少し神経質で頑固なところがあります。
今はいい子にお散歩してくれますが、幼い時は中々意思疎通が出来ず大変な時もありました。
そのときの体験をご紹介します。

なぜリードを引っ張るのか?

うちの子は、大人しくビビリな性格です。
でも散歩の時はグイグイとリードを引っ張って言うことを聞いてくれませんでした。
本やネットで対処法を調べて試したのですが、中々上手くいきません。わんちゃんにもストレスがかかっているようで辛い日々でした。
そこで、あまり気負い過ぎても苦しくなってしまうなと力を抜き始めたんです。
引っ張るなら引っ張るで、動かないなら動かないでいいかと。
そうすると、自分がしゃがみこんでわんちゃんと同じ目線で側に寄るようになって行きました。そして、自然と目が合うように。
すると、わんちゃんもこちらの様子を伺うようになり、だんだんとペースが合うようになってきたのです。

わんちゃんも人間と同じ生き物です。
まず、信頼関係を気付くことが大切です。
わんちゃんを知ろうとすることが、良い関係、しつけには欠かせないことだと実感しています。

愛犬のトイレしつけは大事

まず愛犬を迎えるにあたってお部屋で一緒に遊びたい気持ちがあると思いますが、トイレのしつけが出来ていないと大変困ります。

子犬のうちももちろん成犬になってからも根気よく教えてあげれば、しっかり覚えてくれるので愛犬との楽しい時間を過ごすためにも教えてあげましょう。

まずは犬のスペースであるケージに寝床のベットとトイレを入れて、犬の場所を作ります。寝るときはそこで落ち着かせてあげますが、さて遊ぶとなったらいきなりケージから出すのではなくまずトイレをさせてからだします。

毎回同じ声掛けをするようにし、例えば「ワンツー」や「シー」、「おしっこ」など声掛けで今後トイレに行けるように今のうちから教えます。ひとまず、犬が出してくれと騒いでもそのまま声掛けをし実際に犬がおしっこをするのを根気よく待ちます。

そしてひたすら声掛けしているタイミングでおしっこができたら、凄く褒めるもしくはひとつだけご褒美のおやつをあげるようにし、出来たことが素晴らしいことだと教えます。

それができたらケージから出して遊び始めますが、おそらく途中でソワソワし始めなんとなくおしっこをしそうな雰囲気になったら、またケージのトイレに誘導し先ほどと同じ声掛けをしてトイレがきちんとできるまでまた付き合います。そしてできたらたくさん褒めます。

トイレ以外でおしっこをしてしまっても怒らず無視をして片付け、出来たときはたくさん褒める。これがトイレを覚えてもらうために大事なことです。

愛犬にはおやつをあげない

私の愛犬は今年満6歳です。柴犬を飼っています。最近お医者さんからおやつをあげないように言われています。

少し太り気味だからです。私はかわいくてかわいくてどうしてもおやつあげてしまうのですが心を鬼にしてあげないようにしようと思っていますが、愛犬の可愛らしい表情で欲しいよと言うお目目に負けてしまって、どうしても与えてしまいがちです。

だめだとわかっているのですが可愛すぎてしまってどうしてもダメなんです。お医者さんにその事を話しましたら大変怒られました。早く死んでしまったらどうするんですか。

あなたのせいですよ。と言われて私は心を鬼にして今は時間を決めてきちんとご飯を食べさせておやつはあげないようにしています。それは愛犬が死んだら大変だからです。

とても悲しい思いをしますし、苦しい思いをすると思いますのでそれを見たくないからです。1日も長く長生きして欲しいので、私はお医者さんに言われた通りおやつを辞めさせました。

基本的なしつけはすぐに覚える

犬をしつけるというと今まで犬を飼ったことがない人には難しいのではと考えてしまうことも多いと思います。

そういう私も自分ができるのだろうかと最初は少々心配しながらしつけをして育てていった記憶があります。

しかし、犬は頭のいい動物なので基本的なしつけは特に厳しい訓練をしなければできないということもなく比較的自然に覚えていってくれます。

お座りやお手なども「お座り」という言葉でお尻を軽く押してあげてお座りのポーズを促し、できたら褒めてやってご褒美のおやつをあげるとすぐにできるようになりました。

「お手」も同じで手を持ち上げてできれば褒めてあげると喜んでしてくれるようになります。またトイレなどももともときれい好きなのでそこら中にすることはありません。

できるだけ寝床や犬小屋はきれいにしておきたいと犬自身も思っているのでここがトイレだと教えるとそこでするようになりますし、散歩につれていけばたいがい、ウンチやおしっこは外でするようになります。

チャイムに吠える犬

ウチの犬はチャイム「ピンポーン」って音がすると、どこからともなく玄関に向かって走り出し、玄関の前で吠え続ける犬でした。

そのため、宅配便の方や出前を持って来てくださる配達の方などに申し訳ない気持ちになりまして、どうにか治したいとよく行く動物病院の先生に対処法などを聞いたら、『「リード」をして「ピンポーン」と音が鳴ったら「リード」を引っ張る。

これを続けてみてください。しばらくしたら治ると思いますよ。』との事。

早速実践してみようと、近所の友人に頼み、チャイムを鳴らしてもらいました。そしてチャイムが鳴って吠えようとしたら「リード」を引っ張る。これを何度も繰り返してみました。

するとどうでしょう。吠えなくなったんです。どういう理論かを聞くと「チャイムが鳴って吠えると首が締まる」と犬は覚えるのだそうです。

つまりチャイムが鳴って吠えると首が締まっちゃう。それは嫌なので吠えなくなると言う訳です。

チャイムで吠えるワンちゃんがいたら是非お試しください。ただし、クビを締めすぎちゃダメですよ。

愛犬に車追いをさせないためには

お散歩中など愛犬の車追いは命に関わる事なので車追いはさせないようにしたいですね。
そのために必要なことをまとめてみましたので参考までにご覧になってみてください。

まず肝心なことは子犬の時期から自動車や自転車、オートバイに慣らす必要があります。
ワクチン接種が終わり、いよいよお散歩デビューという時に突然猛スピードで走り去る自動車を初めて目にする犬は興奮を抑えることが難しいでしょう。
その為にもお散歩デビューをさせる前に抱っこ散歩などをしながら自動車や自転車など動くものを日常的に見せることが大事です。
お散歩デビュー前に愛犬を外の世界に慣れさせる必要があります。

抱っこ散歩などで外の世界に慣れたらお散歩デビューですね。
お散歩をしながら自動車や自転車が横を通る際は一度立ち止まって「大丈夫」「よしよし」など声をかけながら過ぎ去るのを待ちます。
通り過ぎたら褒めてまた歩き出します。
これを何度も繰り返すようにして自動車や自転車は怖いもの、追いかけるものではないと認識させます。
そうすることで段々と自動車や自転車に対して興味が薄れていくでしょう。

ただリードを引っ張って「ダメ」と声をかけるのではなく、一度立ち止まりできれば愛犬を座らせて「大丈夫」「よしよし」などど声をかけながら撫でてあげると愛犬の安心感も増す事でしょう。

叱るだけではなく愛犬を安心させてあげることも飼主の務めです。
愛犬と安全なお散歩が出来るよう焦らず根気よく頑張りましょう。

ペットは言葉の話せない家族。だからこそペットの心をわかることが家族への愛

今もペットブームは変わることなくつずいています。
しかし、その反面悲しいペットの話も減ることをしません。

ペットを家族にするということは、覚悟を持って家族にしなくてはいけません!命ですから!
かわいいだけでは家族にしては絶対にしてはいけないのです。人間の都合で家族にしてはいけません。

飼ってはいけないのです。それを覚悟して家族に迎えてからは、子どもと全くおなじしつけです。

そのこの性格、犬種をわって子どもと同じです。とくに犬は、飼い主に心配をかけないようにつとめるので、病気のことは隠そうとするので飼い主がつねに変化をみることが大切なことです。

ペットは、もしかすると、ひとより、人間につくすので、見忘れることがあるので、病気にだけは気お付けてあげてください。

食べ物は、かわいいからと甘やかせると病気にさせてしまいますのでよお注意です。犬は、歯が、内臓が人間とは違いますので。かわいいと、甘やかせは違いますから。